節税したい!会社の税金を抑える方法とは?


会社を経営していく中で、税金というのは注目すべきファクターになっています。

納税のことを考えずに、ひたすら業績拡大ばかりに取り組んでいると、税金を納めるための資金が不足して困惑してしまうこともあるほどです。

普段から、積極的な節税を心がけておくことで、会社を盤石なものとすることができるのです。


脱税は法律違反ですので厳しく罰せられますが、節税は、会社の基盤を強くするためには、経営者が率先して着手すべき事柄です。

会計上の利益と税務上の所得が乖離していること珍しくありませんから、申告の直前になって、損金算入できない経費が出てきた、ということが、よく起こります。

本来なら、税前利益のざっと40%ぐらいの納税で済んだのに、対策をとってこなかったら、60%近い税金を納めた、という事例も少なくありません。

少しばかりの知恵をしぼるだけで、最終の純利益に大きく差が出てくるのです。


税金の支払いことを考慮した経営をすることが求められるのは当然のことです。

会社としての節税方法には、実は多くのやり方があります。

あまり知られていない事項ですと、減価償却の耐用期間を短縮するという手法があります。

建物、機械や車両、備品など、一定期間にわたって使用する資産を分割して費用計上していくのが減価償却ですが、税法上の償却期間はきっちりと決まっているのです。

ただし、国税局長の承認を受けることで短縮可能なのです。

期間が短くなれば、有利になるのは言うまでもありません。


また、特別償却というやり方もあります。

読んで字のごとく、特別に償却が認められるもので、これは一種の政策減税と理解すべきでしょう。

ですから、ほぼ毎年、内容が改定されています。

情報に注意しながら、自社に適用可能があれば、特別償却を利用するのが得策です。


減価償却に関しては、ほかにもあります。

増加償却が超過操業した機械装置に認められています。

また、有姿除却制度を活用すれば、償却や資産の廃棄処分をしなくても除却処分が可能です。

減価償却を有効に使うことで、大きな節税効果が得られます。


また、会社として負担すべき税金を抑える方法として、未払金や未払費用を今期に計上するという手法も効果が期待できます。

今年度中に発生した費用ではあっても、次の年度で支払いをするという費用を、今期のうちに経費として計上するというやり方です。

人件費、社会保険料、リース料、保険料などが該当いたします。


それから福利厚生費には、会社が社員の食事代を出した場合、経費として認められ会社の節税効果があるものがあります。

これを使えば会社の経費で食事ができることになります。

そして、会社から明日もらった食事代は、社員の給料とはならないので、所得税が増えることもありません。

またこれをは、会社の人数に制限があるものではないので、経営者1人しかいない会社でも適応できます。

会社の経費となる食事代には、まず夜食代があります。

残業した人の食事代を会社が負担した場合、それは福利厚生人して支出できるのです。

デザイナーなど、クリエイト系の仕事をしている人は、夜遅くまで仕事をすることも多いでしょう。

そういう会社では是非、この節税策を活用したいものです。

月の半分以上残業して、毎回1,000円程度の夜食を取っていれば、それだけで月1万5,000円、年間で18万円にもなります。

これを自分の財布から出すか、会社の経費から出すかでは、かなり大きな差があるといえます。

例えば夫婦でやっている会社があります。

毎日円よる遅くまで働いている状況をです。

奥さんが、近所のスーパーでお惣菜を買ってきて、夜食を作る。

それを会社から出した夜食として、処理すればいいのです。

そうすればアジの開きだって経費になってしまうのです。

また夜食に限らず、通常の昼食代でも、 「従業員が半分以上払うこと」 「月3,500円以内」という条件を満たせば、非課税となります。

つまり毎月3,500円までは、昼食代として支出ができるのです。

年間にすると、一人当たり4万2,000になり馬鹿に出来ません。

ただし、この場合3,500円を単に現金として社員に払えば、給料となってしまうので注意を要します。

非課税となるのは、会社を通じて突き出しや出前などをとってもらった場合のみです。

また夜間勤務の場合、出前などは取らなくても、一回300円までの食事代の現金での支給は福利厚生費の範囲内となります。

福利厚生費で社員の食事代を支出するには、特別な手続きはいりません。

「会社の決まり」と言うことになっていればokです。

でも「会社の決まり」と言う事を客観的に証明するために、きちんと就業規則に定めておいてください。 こういった節税対策をすることで、税金を賢く抑えることができます。

会社の節税なら『本には書けない裏技』が私のお勧めですのトップページへ